塗装をする利点

外壁塗装でワンランク上の家

外壁塗装のメリットとは

外壁塗装のメリットは、建物の美観を高める事や、外壁そのものを保護する目的がある。 保護というのは耐久性や耐水性を高める事である。 また、断熱効果や遮熱効果、セルフクリーン効果がある塗料もある。 外壁塗装は耐久性を高める為の塗料も多種多様で、アクリル、ウレタン、シリコン、フッソ塗料がある。 最も良く用いられるのは耐久性と価格のバランスが良いシリコン性外壁塗装が用いられる事が多い。 外壁塗装には水分や湿気に弱いものもある為、防水性と透湿性も考慮する必要がある。 外壁が雨風にさらされても痛まないように塗装が必要になるが、湿気は外に逃がす必要がある。 その為外壁には防水性と透湿性という反対の位置にある事柄が上手く機能するように塗装されている。

外壁の塗装の必要性とは

本来外壁塗装とは美観を保つ為ではなく、建物を防水して寿命を伸ばす事が目的である。 大切な事は外壁塗装によって大切な家屋を守る事である。 外壁は屋内に雨風や虫、または暑さや寒さの侵入を防ぐのが目的である。 しかしその外壁にも塗装がなければ早い段階でひび割れ等の型でダメージがでてくるのである。 すると、湿気が溜まってしまい、白蟻やカビ等の2次的な災害を引き起こしてしまう確率が上がってしまうのである。 塗装を施す事により、外壁自体の保護と美観の維持を行い、家屋の寿命を伸ばすのである。 外壁塗装は家屋のメンテナンスの中でも最も必要性高い部類に入るのである。 必要に応じて行うのが一番良いとされる。 外壁の機能が低下するまでには気を配って行うべきである。

注目の記事