業者の違い

外壁塗装でワンランク上の家

外壁塗装の業者について

業者選びはとても大変です。特に知らない業界の業者選びは一苦労します。 例えば、住宅の外壁が老朽化して外壁塗装しなければならない場合、その業者をどうやって選んだらいいのかわからない人が多いのです。それもそのはず、普通は一生のうち何度も外壁塗装をしないので、普段から付き合いのある業者もあるかもしれませんが、多くの人にとって外壁塗装業者とのつながりはありません。ただ、これから外壁塗装するのであれば基礎的なことを知っておきましょう。 まず、外壁塗装業者には大きく分けて3種類あります。そのうちの1つがリフォーム会社です。リフォーム会社はもともとリフォームを専門に行っています。そのため、外壁塗装については専門ではないので、下請け業者に任せてしまいます。

それぞれの業者の違い

これに対して、工務店も外壁塗装を受け付けています。訪問の場合は、普段は注文住宅を建築することやリフォーム等を行っていますが外壁塗装を行っています。ただし、リフォーム会社同様基本的には外壁塗装の知識はありませんので、やはり下請け業者に任せてしまうことがほとんどです。 1つ目は塗装専門会社です。塗装専門会社は塗装に関してのプロですので、塗装については自分たちで行います。ここで知っておきたいのは、リフォーム会社や工務店などと違い中間マージンが発生しないことです。工務店やリフォーム会社は外壁塗装を下請けに委託しているので、中間マージンが発生するため料金が高くなりますが、塗装専門会社は、自分たちで塗装を行うためその分価格が安くなります。

注目の記事